ファーストモールド・ハーフロゴ

従来の射出成形部品の品質と受入基準

この記事を共有する
射出成形品質基準 特集画像

記事中 "射出成形の欠陥製品設計者やバイヤーは射出成形の欠陥について詳しく理解する必要がある。これは、プラスチック製品の生産を工場に委託した後、射出成形部品の明確な品質検査を実施する能力を促進するためである。製品設計会社によって製品の構造や外観が異なるため、バイヤーは射出成形品の品質基準や合格基準を独自に設定する必要がある。

FirstMoldは、特定の製品ごとに射出成形の品質基準を議論することはできません。しかし、我々は従来の射出成形部品の標準的な提案の建設的な受け入れを提供することができます。

測定面:観測面

クラスAサーフェス

クラスAの表面は通常、製品設計において最高の美的基準を満たす必要があり、通常の使用条件下で容易に視認できる表面を指す。

自動車製造や工業デザインにおいて、クラスAの表面は最も厳しい外観基準を要求されるものである。非常に滑らかで、欠点がなく、極めて高い表面品質が要求されます。このような射出成形の品質基準を達成するために、クラスAの表面は、その表面が滑らかで完璧であることを保証するために、しばしば複雑な加工が施されます。

さらに、クラスAサーフェスのデザインは、視覚的効果だけでなく、構造強度、耐久性、機能性といった要素も考慮されている。

クラスBサーフェス

クラスBの表面とは、製品または品目上の、露出してはいるが目立つ場所ではない部分を指す。一般的には、通常の使用条件下では直接目に触れない表面である。例えば、カラーボックスの裏面、側面、底面は、クラスB表面と定義することができる。これらの領域は目に見えるが、視線の中心ではない。

クラスCサーフェス

組立品、構造物、または組立中に互いに接触する部品の底面。

検査条件

1.この規格は、機能性に影響がないことを前提に、目視で比較するものです。従って、限界ゲージや特定の特殊射出成形規格に優るものではありません。

2.通常、目視検査は30cmで3~5秒間行う。欠陥が見つかれば50cmに移動し、3~7秒間観察する。欠陥が見えにくく、あまり目立たないものはOKとする。

3.検査光源は生産工場で使用されている蛍光灯で、視力は0.7以上。

4.観察角度:観察面に垂直で、上または下から45度の角度。

従来の射出成形品質基準のための検査提案

点滅

トランペット・ホール、ボタン・ホール、スイッチ・ホール、および可動部品のすべての嵌合穴には、フラッシングを施してはならない。隠れた柱の位置や構造的なフラッシングは、組み立てや機能に影響を及ぼしてはならない。外部に露出し、安全性に影響を及ぼす可能性のある部分は、手触りが滑らかで、傷がつかないこと。

変形

プラットフォームに支持されるベースシェルの変形は0.3mmを超えないものとし、適合するフェースシェルの変形も0.3mmを超えないものとする。その他のプラスチック部品の変形は、組み立てや機能に影響を与えない限り許容される。

寸法

寸法要件は表を参照し、以下の公差に従って管理すること:

欠陥の種類クラスABクラスクラスC
ひび割れ不可不可外観や機能性に影響がない場合は可
ショートショット不可不可外観や機能に影響がなければ、軽微なものであれば許容される
シルバーストリークエンジニアリング・サンプルによる最低基準エンジニアリング・サンプルによる最低基準エンジニアリング・サンプルによる最低基準
シンクマーク最低基準、45°から90°まで目に見えるマークや触覚的な凹みはない。最低基準、45°から90°まで目に見えるマークや触覚的な凹みはない。最低基準、45°から90°まで目に見えるマークや触覚的な凹みはない。
ダークスポット/カラーブレンド/シミ2ポジション以下、離隔100mm以上、各0.4mm²以下3ポジション以下、100mm以上離隔、各<0.5mm²未満4ポジション以下、100mm以上離隔、各<0.9mm²未満
傷/衝撃長さ8mm以下、幅0.05mm以下長さ10mm以下、幅0.1mm以下各長さ2.5mm以下、幅0.15mm以下
排出マーク不可不可視覚的な影響がなく、機能的な突出がなければ許容可能

ゲートの痕跡

1.外観と安全基準の両方に影響を及ぼす可能性のある、露出した部分または露出する可能性のある部分(例えば、バッテリードア)は、フラットなゲート位置を持ち、傷がつかないように安全基準を満たす必要があります。

2.組立要件はあるが、露出してはならず、組立に影響を与えないゲートの痕跡は、0.5mm 以内に管理し、機能に影響を与えないこと。

3.組み立ての必要がなく、機能に影響を与えず、露出していないゲートは、1.5mm以内に管理されるべきである。ゲート位置は自由形状のブレーク形状を持つことができる。

寸法範囲 (mm)公差(mm)
0 - 10±0.05
10.1 - 50±0.10
50.1 - 100±0.15
100.1 - 200±0.20
200以上±0.25

結論として

通常、射出成形品の品質に関するバイヤーの受け入れ基準は、前述の提案よりもはるかに複雑です。製品の包装、ラベリング、表面処理、外観、構造、性能、使いやすさ、組み立ての機能性などの側面が含まれることもあります。従って、サプライヤーの完成品が貴社の射出成形品質基準を満たすよう、貴社固有のニーズに基づいた詳細な受入基準を作成する必要があります。

目次
タグ
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です