ファーストモールド・ハーフロゴ

金型材料

製品開発者として必要なのは、金型材料に関する基本的な知識だけだ。

金型材料
種類と用途

金型材料についての簡単な理解

私たちのお客様にとっても、金型材料についての基本的な理解は、自社製品へのささやかな助けになります。 

この知識は、より明確なコミュニケーションとより正確な仕様を促進し、お客様が製品の性能、コスト、品質に基づき、材料について十分な情報に基づいた決定を下すことを可能にします。また、製品の性能や限界に対する現実的な期待値を設定し、製品製造の一般的なコストを理解し、サプライチェーンの潜在的な問題を計画するのに役立ちます。

Material Type Common Grades Characteristics 代表的なアプリケーション
工具鋼
P20
プリハードン、良好な研磨性
汎用金型
H13
熱間加工鋼、高靭性
大量射出金型
D2
高い耐摩耗性
スタンピング金型
S7
耐衝撃性
高い耐衝撃性が要求される金型
ステンレス鋼
420
耐食性、硬化性
医療用または食品用の金型
17-4PH
高強度、良好な耐食性
航空宇宙、自動車用金型
炭素鋼
1018
良好な加工性、低コスト
試作金型
1045
高強度、中炭素鋼
少量生産金型
アルミニウム
7075
高強度、軽量
プロトタイプ、少量金型
6061
強度、溶接性の優れた組み合わせ
非重要部品、金型ベース
プリハードン鋼
4140
優れた靭性、高い疲労強度
歯車、自動車用金型
4340
高靭性、高強度
強靭さが要求される大型金型
高速度鋼
M2
高耐熱性、耐摩耗性
高精度金型、切削工具
亜鉛合金
ZA-12
強度が高く、アルミニウムより安価
ダイカスト金型
ベリリウム銅
アロイ25
高い熱伝導性、強度
冷却インサート、ホットランナーシステム
クロム鋼
52100
高硬度、耐摩耗性
高精度ベアリング、金型